2016年11月06日

第六世代総括 ΩRαS編@

オメガルビー・アルファサファイア編の総括です。
今回は前書きです。

オメガルビー・アルファサファイア(ΩRαS)のレーティングは、大きな転換がありました。
それはカロスマーク(第六世代産)が付いたポケモンしか出場できないという仕様です。

私ももちろんカロスでもポケモンは育てていますが、旧世代からのポケモンは基本的に育て直していないので、新たに育て直すことに時間を要しました。
特に準伝説を厳選し直すことは厳しく、自力で厳選する一方、サファリボール入りのストライクなどを入手難易度が高いポケモンを孵化し、交換掲示板でボルトロスと交換するなどの手段を駆使し調達しました。

また、対戦BGMを解禁すべくルギア等の伝説ポケを厳選していると対戦の時間が確保できないなど、時間に限りのある社会人には厳しい環境でした。

この結果、残念なことにΩRαS環境の開始直後のシーズン7ではメガガルーラの使用率が減り、メガミミロップが使用率トップ10に入るなど、参加者の多くが新メガ進化ポケを試していたものの、私が参戦したシーズン10ではそのような試用期間は終了しており、環境は再びメガガルーラで溢れかえっていましたorz

その一方で、レートには乱数産と思われる色違いポケモンや所有の有無で実力差がついてしまう零度スイクンが一掃され、快適な環境になったことは事実です。

次回は、そのような新しい環境下での作戦参謀Mの活動ぶりをご報告します><
posted by 作戦参謀M at 14:32| Comment(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

第六世代総括 XY編A

昨日に引き続きXY編の総括です。
今日はインターネット大会について振り返ります。

【XY編の振り返り】
インターネット大会は基本的に参加賞目当てなので、数試合しかしていません。
どちらかと言えば、普段レーティング戦で使わないようなポケモンを積極的に参戦させました。
参加した大会を列挙しつつ、特筆すべきものについてコメントします。

○インターネット大会 テスト
・BWのPGL優良トレーナーが招待されたテスト大会。
・と思いきや、後からXYからの新規参入者も参加できる仕様に変更された。
・新規勢の裾野拡大なのは理解できるが、できれば古参勢の優越感を尊重して欲しかった((

○ポケモングローバルリンク ジャパンカップ2014
○2014 インターナショナルチャレンジ May
○爆速!シングルバトル!!
○2014 インターナショナルチャレンジ June

○ポケモン バトルレジェンド
BW2時代のクリスマスカップ以来、久々に幻まで使用可能なダブルバトル。
・今回も迷わずアルセウス(シャドーダイブ持ち)+猫だまし変身ミュウを使用。
・古びた海図(エメラルドで2005年配信)、技教え(XD)、2009年映画(DP)配信、という昔からのプレーヤーでしか使用できないコンボを見せ付けていくスタイル。
・変身後のダブル剣舞アルセウスの並びは神々しいの一言ですが、クリスマスカップと比較し、第六世代ではファストガードが毎ターン出せるようになったため、コンボとしての威力は若干弱まった印象。
・成績は、21勝9敗で600位台でした。

猫だまし.jpg

変身.jpg

○超速!ダブルバトル!!
○ホウエンポケモン ニコニコマッチ

インターネット大会は、基本的に楽しんだ者勝ちだと思います!
次回は、オメガルビー・アルファサファイアのレーティングバトルについて振り返りたいと思います><
posted by 作戦参謀M at 23:32| Comment(2) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

第六世代総括 XY編@

新作サン・ムーンの発売を控えた今、
私の第6世代での活動(主に対戦)を報告したいと思います。

第6世代の間、ブログにポケモン記事を全く書かなかったので、
ポケモンを続けているのさえ疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、
社会人として仕事に追われる中においても、初代からの現役トレーナーとして
ポケモンはきちんと続けています。

【XY編の振り返り】
レーティング戦はポケバンク解禁後のシーズン3から参戦しました。
なお、ポケバンク解禁までの間にビビヨンを全色集めました!((

○シーズン3
・相棒のカイリューやメガ枠はルカリオを中心に対戦。
・第三世代で育てた卵産みピクシーやキリキザンが活躍してくれました。

・レートは最高2101ptを記録!
・その後、100位入りを狙い対戦を続けるも失速し、最終的には1767ptと並みの成績で終える。

2100突破.jpg

・これはどのシーズンにも言えることですが、一度負けが込むと運にも見放され、平気でレートが200pt下がるとかザラでした。


○シーズン4
・エメラルドから輸入した「地球投げ、のしかかり」を覚えたガルーラを中心に対戦。
・途中から流行りのメガバシャーモ、ナットレイ、サンダーの並びを試したりしました。
・今シーズンのレートは最高1900pt台にとどまり、最終レートは1757ptとシーズン3とほぼ同じ着地。

○シーズン5
・趣向を変えて、無限グライオン(ポイズンヒールまもみが型)を試したシーズン。
・天敵のメガゲンガー対策のバンギラスが逆に駆られるなど、メガゲンガーには手を焼きました。
・また、必然的に時間切れを狙うことが多くなるので、時間のない社会人では対戦数を稼げないことがあとから判明。
・それでも最終レートは1960ptとなり、初の1000位以内を達成。

○シーズン6
・オメガルビー・アルファサファイア前のXY環境の実質最終シーズン。
・この頃には第四世代で配信された絶対零度スイクンが環境に溢れかえっており、もはやこのポケモンなしでは土俵に上がれないほどの存在になっていたため、私も仕方なく零度スイクンを投入し、絶対零度合戦を仕掛ける羽目に。
・XY最終シーズンなので結果を残したく、パーティもメガガルーラやガブリアス、ボルトロスとガチパにし臨んだ。

・最終レートは2017ptを記録し、初の最終2000pt台を達成。
・順位も211位と自己最高の成績を収める。

シーズン6.jpg

次回はXY環境のインターネット大会について振り返りたいと思います><

posted by 作戦参謀M at 19:18| Comment(2) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

祝!ポケモン20周年

2016年2月27日、ポケットモンスターが誕生して20周年を迎えました。
このことは新聞夕刊の1面でも取り扱われるなど、ポケモンもはやゲームの域を超え、
1つの世界を構築していると言っても過言ではありません。

交換、対戦、図鑑集め等々、幅広い遊び要素があり、友人・知人を通信をして遊べる楽しさ。
そして子供の頃に思い描いていた日本中(世界中)の人と通信して遊びたいという夢さえ叶えられてしまったカカグのチカラ!による無限の楽しさ。

また、ポケモンを通じ、インターネットでコミュニティを築き、10年を超えるの付き合いとなった仲間も作ることができました。「ポケモン」は、こうしたリアルの世界にまで広がりを与えてくれました。

もし、ポケモンが存在しなかったら私の人生はどうなっていたのだろう?と思うくらい、私にとってポケモンは多大な影響を及ぼしているのです。

初代「赤・緑」からポケモンをプレイし、今もなお現役トレーナーでいる私にとっては、人生の3分の2近くの時間をポケモンと共に歩んできており、これからもそうでありたいと思っています。

そんな20周年を記念し、このブログで、1996年〜2016年までの私とポケモンの出来事を密かにしたためていきたいと思っていますので、良かったらご覧ください。
posted by 作戦参謀M at 14:47| Comment(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。