2016年11月18日

第六世代総括 ΩRαS編C

今日はΩRαS環境のインターネット大会について振り返ります。

【ΩRαS編の振り返り】
インターネット大会は基本的に参加賞目当てなので、数試合しかしていません。
どちらかと言えば、普段レーティング戦で使わないようなポケモンを積極的に参戦させました。
参加した大会を列挙しつつ、特筆すべきものについてコメントします。

○2015 インターナショナルチャレンジ February
○燃えよ!ドラゴンタイプ!

○戦う!ピカチュウ大会チュウ!
・このルールではエレキブルがガチでした><

○クリスマス・トライ

○カントークラシック
・初代赤緑環境を再現した66持ち物なしのルール。
・私が第六世代で最大の功績を残した大会。やはり66は慣れ親しんだルールであり、また初代から対戦をしている私には一日の長がありました。
・23勝4敗、レーティング1759ptで85位にランクイン。

カントークラシック成績.jpg

・最後の方は運を使い切った感があり残り3試合を行わなかったが、仮に残り3試合全てに勝っていれば、ランキングが30位台前半には入れたので、WCS予選であれば、本選に招待されたところである。なお、参考までにこの大会は参加者は32,220人と、WCS予選の参加者15,143人の約2倍の参加者の中で行われただけに順位の価値も大きいと思料。
・初代ポケモンの活躍に久々の66と、純粋にとても楽しい大会でした。
・参加賞のワタルのカイリューも良かったですね。

・使用PTと個別解説

カントークラシックPT.jpg

・カイリュー:唯一の600族として竜舞からの逆鱗でエースの活躍。ピクシーはアイアンヘッドで対処可能なものの、いかにヤドランを突破できるかが勝敗の鍵を握る。神速があるためフーディンやサンダースはさほど脅威ではない。

・ラプラス:対水へのフリーズドライが強力。このルールは持ち物禁止のため耐久ポケモンを削る火力を出せないケースを想定し、ねむねご絶対零度に頼るバトルも多々。

・サンダース:130族の素早さでフーディンやゲンガーの上を取る。スカーフがないので安心して攻撃できました。

・カビゴン:対小さくなるピクシーを意識しのしかかり。ヤドラン等を突破できるよう地割れを搭載。寝言は一撃必殺の試行回数を稼ぐだけでなく、眠り粉モルフォン対策にもなりました。

・ゴローニャ:特性頑丈のため、竜舞カイリューの全抜きを防いだり、初手で確実にステルスロックを撒いたり、不意打ちで先制したりと予想以上に大活躍。第六世代で攻撃種族値が+10されたことも大きく、カビゴン相手に打ち合うこともできました。

・ヤドラン:今大会最高の物理受け。対カイリキーや対カイリューを中心に活躍。66で入れ替えも多いため再生力も心強い。対カイリキーには絶対の相性を誇り、爆裂パンチでの混乱をことごとく回避したり、急所に当てて素早く倒したりしてくれた。

・PTアドバイスをいただいた遊さんありがとうございます><

○ポケモンジャパンチャンピオンシップス2016 予選
・参加賞のヒャダインのランドロスは素早さが非V固定でガッカリでした。

○ジョウトオープン

○シンオウダービー
・当時の大会で一世を風靡したモルフさんのLv.1ドーブルをリスペクトし採用。
・ルール上、カビゴンやメタグロスが安定した強さを誇りました。昔は強かったんだ…!

○イッシュファイナル

これで私の第六世代の総括は終了します。
今日はいよいよ第七世代となるサン・ムーンが発売されます。
第一線で戦うことは難しいかもしれませんが、できる限り現役トレーナーとして頑張りたいと思います><
posted by 作戦参謀M at 02:27| Comment(2) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初代66はまさに参謀さんのためにあるような大会でしたねw

ちなみに俺は月を入手しましたb
Posted by 遊迷人 at 2016年11月27日 00:34
>遊さん
返信がだいぶ遅くなりましたが、ゴローニャの枠をどうするか相談に乗っていただきありがとうございました!
迷っていたピクシーにしてたらここまで勝てなかったと思います。
Posted by 参謀M at 2016年12月31日 18:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: