2016年11月17日

第六世代総括 ΩRαS編B

今回はΩRαS環境におけるXYリーグを振り返ります。
XYリーグは、ΩRαSで新たに登場したメガ進化ポケモンが使用不可ということもあり、過疎!の一言に尽きます。

XY時代のレーティング戦からの変更点としては、技教えに対応した型のポケモン(ダストシュートゲッコウガ等)やメガラティ兄妹が使用できることくらいです。

そして何より過疎っていたルールはローテーションバトル。
BW時代末期もそうでしたが、ただでさえ競技人口が少ない上に、大抵のトレーナーはΩRαSリーグに参戦するので、とにかく過疎。

そこで、シーズン15では自分の3DSを2台使用し、メインロムとサブロムで同時にローテーションバトルに潜ってみたところ案の定マッチングしてしまいました。

その一戦に勝利したことで、レートが1516ptにも拘らず50位にランクインし、100位以内メダルを入手。あろうことか負けた方のロムもレートが1484ptでも500位以内に入りメダルをもらえたという((

ローテーション.jpg

果たして公式は、このような状況のリーグにネット回線を割り当てる意味はあったのだろうかと疑問です。

次回は、ΩRαS環境のインターネット大会について振り返りたいと思います><
posted by 作戦参謀M at 02:40| Comment(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: